民泊(簡易宿所)支援

株式会社レック・コーポレーション

092-737-7566

〒810-0073 福岡市中央区舞鶴1-4-30 舞鶴パークビル701

営業時間/10:00〜19:00 定休日/水曜日・第1・3火曜日

民泊(簡易宿所)支援

福岡市にある当社の民泊支援について

民泊の物件紹介から企画・運営代行まで

家主と握手を交わす旅行者

福岡市で不動産における様々な業務を承る当社では、民泊支援も行っております。
近年注目されている民泊ですが、個人的に運営するには様々な知識を必要とします。
福岡市にある当社にお任せいただければ、民泊の物件紹介から企画、運営代行までトータルでサポートいたします。
民泊の運営をお考えの方は、ぜひ一度福岡市で不動産のご相談をお受けしている当社へご連絡ください。

親切・丁寧にご説明いたします

比較的新しいビジネスモデルである民泊は、いざやってみようと思い立っても何から手を付けたら良いか分からない場合がほとんどかと思います。
不動産に関する様々な業務を引き受けている福岡市の「株式会社レック・コーポレーション」では、民泊に関する基本的な情報や知識に関しても詳しくご説明させていただいております。

これから民泊しようとしている方へアドバイス

民泊について

室内に置かれた二つのスーツケース

日本へ訪れる外国人観光客の数は増加傾向にあり、宿泊施設が足りないのが現状となっています。
そこで注目されているのが民泊ですが、始まりは見知らぬ人に食事をご馳走したり宿を提供するなど、ほとんどの場合が無報酬で行われていました。
しかし、時代が変わった今、仲介サイト等を通じて個人宅や投資用マンションを貸し出すビジネスモデルが生まれました。
このビジネスを、現在では民泊と呼んでいます。

民泊のことは福岡市にある当社にお任せ

民泊は運営上の問題が多々あり、これから始めようという方にとっては非常に難しいものとなります。
福岡市で不動産の売買や土地活用のコンサルティング等を行う当社では、そういった方をしっかりとサポートさせていただきます。
民泊に関して少しでも分からないことがあれば、不動産に関する様々な業務を行う当社へご相談ください。

民泊新法(住宅宿泊事業法)とは?

民泊新法のメリット

芝生の上に置かれた家の模型

民泊新法とは、増加傾向にある民泊について、安全面や衛生面を確保するため、または観光客の民泊ニーズの多様化に対応するために制定された法律です。
民泊新法のメリットは、旅館業法や特区民泊に比べて民泊合法化のための手続きが簡単なことにあります。
不動産に関する幅広い業務を行う福岡市の「株式会社レック・コーポレーション」では、お客様へ民泊新法に関するご説明をしっかりと行っております。

その他のメリット

民泊新法のメリットは、その他にも初期費用が少ないことや実施エリアであれば運営することが可能な点にあります。
民泊新法に関して少しでもご不明点がある場合は、あらゆる不動産の業務を取り扱う当社スタッフまでご質問ください。
福岡で不動産の購入・売却等をサポートする当社では、お客様目線に立ったアドバイスを心がけております。
民泊に関して少しでも分からないことがあれば、不動産に関する様々な業務を行う当社へご相談ください。

民泊新法のデメリット

卓上カレンダーの上に置かれたペン

民泊新法では合法化された施設の年間営業日数が180日以下に定められているため、一つの物件では年間の約半分しか民泊として使用することができません。
民泊の運営をお考えの方は、営業日数のことも頭に入れた上で収支計算を行う必要があります。
福岡市で不動産に関するご相談を承る当社では、事前に民泊を運営する上のデメリットもご案内しております。

その他のデメリット

その他、実施エリアでも多くの規制を受けることや、管理人や家主の許可を得る必要があるなど、民泊の運営には考えなければならないことが多くあります。
福岡市にある当社は、これらのデメリットにお悩みの方にも最適なサポートを行っております。
不動産や民泊に関することでお困りなら、ぜひ私たちにお声がけください。

ご相談・お問い合わせはこちら

〒810-0073 福岡市中央区舞鶴1-4-30
舞鶴パークビル701

営業時間/10:00〜19:00

定休日/水曜日・第1・3火曜日

092-737-7566

ノートパソコンで作業する男性と家の模型

TOP